プロフィール

Kia

Author:Kia
ライトワーカー
ヒーラー
波動クリエーター
クリスタル・マスター
IFA認定アロマセラピスト
ローフーディスト

body,mind,spiritの統合を大切に、ホリスティックなアプローチを実践しています。

本来の力を発揮するため、森に移住してきました。これから自然エネルギーを使って、皆様のお役に立ちたいと願っております☆


HP本館

森の中へ・・








精神世界ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問ありがとう♪

スリッパどうぞ♪

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産土の神様

以前から興味はあったけれど、中々勉強する機会に恵まれなかった事の一つに「古神道」がありました。先日やっとチャンスが巡ってきて、初めてセミナーを受講してきました。これもシャスタで受けたメッセージの流れの中の一つです。

今までさまざまな宗教に触れてきましたが、神道にご縁があったのは巫女のバイトをしていた4年間。でも結婚式オンリーの「なんちゃって」巫女だった為、神道の本髄に触れる事はほとんど無し。事実上初めて勉強する宗教です。

その先生から、「是非近い内に産土の神様にご挨拶に行ってくると良いですよ!」とのアドバイスを受け、早速調べて頂き、どの神社なのか調べ、今日参拝して参りました。産土の神様とは、その人が生まれた地区を管轄している神社を指します。守護霊として付いてくださっている神様です。

生まれてからずっと育った思い出深い土地を訪れるのは、何と26年振り!不安と期待の入り混じった複雑な心境で駅を降りました。

まずは最有力候補の神社へご挨拶。比較的住んでいた所から近くではありましたが、初めて来たと思われる場所でした。こじんまりした小さな神社で、特に何も感じませんでしたが、一生懸命お祈りしてその地を後にしました。

その後はノスタルジック・タイムに突入・・

以前住んでいた地域は高級住宅地になっており、豪邸ばかりが建ち並んでいます。私が住んでいた場所は元大家さんだった方が3世代同居くらいの大豪邸を建てて住んでいらっしゃる様でした。当時を思い出させる石灯籠が一つだけ残っており、感傷に耽ってしまいました。

その地域は万葉集の舞台になった所で、神社やお寺が多い所です。

つぎはし


ここも思い出の場所の一つ。毎日自転車で走り回っていた所です。

手古奈霊堂


手古奈姫という美女を祀ったお寺で、ここの境内は一番の思い出の場所です。紙芝居のおじさんが来るのもここ(年がバレる?!)、自転車の補助輪を取る為の練習をしたのもここ、お祭や盆踊りの記憶もここ、かくれんぼや追いかけっこ、鬼ごっこをしたのもここ、秘密基地があったのもここ。私の小学生時代の思い出が凝縮された何とも言えない地です。

そしてここから「山」を上り、頂上にあるお寺・神社・通っていた幼稚園へと向かいました。

来る前から「もしかしたら、私の産土神様は・・」と予想していたお堂に到着しました。毎年除夜の鐘や初詣に訪れていた場所です。到着してみて判りました!

やはり、ここが私の産土の神様だ!

先程訪れた第一候補の神社の時とは、明らかに違うものを感じました。私の視界がハッキリ・クッキリとしたのを感じ、「ここですよ~♪」と囁かれているのも感じました。「絶対にここだ!間違いない・・」

産土の神様


帰宅してパソコンでデータを見てビックリ!!!何と大きな玉響さんと小さな玉響さんがいらっしゃるではありませんかぁ~!!!確信しました。私が呼ばれたのはここの神様です。でも先程の最初の神様に産土神様としてのご挨拶を済ませてきたので、あちらの神様と一緒に私の産土神様としてのお願いをしてきました。これで良かったのかな~・・

同じ敷地内に龍神様を祀る小さなお堂があり、来る前から私はそこが気になって仕方がありませんでした。久し振りに来て気が付いた事ですが、このお堂の前には小さな池があり、幼稚園の時毎年春になるとおたまじゃくしの卵が沢山産卵されている場所でした。ところてんの様な卵を男の子達がニュルニュル持ち上げていたのを思い出します。そこが龍神池だったのです。今日行ってみたら、池は枯れ、水はありませんでした。お堂でお祈りをしていたら、ふと鞍馬山で感じた様な気配を感じ、右側にある背の高い木に目が行きました。そこにはいくつか蔓が巻き付いて、まるで龍が木を昇っている様に見えます。思わず「龍!」と叫んでいた私は、身体の底から涙が溢れてきて止まらずその場で号泣してしまいました。言葉で言い表すのは難しいのですが、思いが溢れてきたのです。感謝と歓喜の思いです

そして只ならぬ雰囲気を感じて、お許しを頂いてから写真を撮ると・・

白龍様


やはりいらっしゃいました!!!強いスピリチュアル・ライトと玉響さん達。素晴らしいです!精霊がようこそ♪と受け入れてくれました。またまた涙が止まらず、下山する間もずっと嬉し泣きをしていました。

いつもはお茶のペット・ボトルを持ち歩いているのですが、今日は何故かクリスタル・ガイザーが気になって珍しくミネラル・ウォーターを購入しました。枯れてしまっている龍神池を見て気付きました。「そうだ、今日お茶ではなくお水を購入したのは、このためだったのか・・」クリスタル・ガイザーはシャスタの湧き水。シャスタで頂いてきた一杯のと湧き水を奉納して帰途に着きました。

商店街をぶらぶら歩きながら駅へと向かいましたが、26年経っているにも関わらず昔からの馴染みのお店がかなり残っていて、大変嬉しく思いました。故郷がまだちゃーんと残っています。

また時間を見つけてふらっと立ち寄りたいと思います。
今日の全ての出来事に感謝・・


人気blogランキングへ
スポンサーサイト

<< マザー・テレサのお言葉  【BACK TO HOME】  シャスタ旅行記1 >>


◆ コメント ◆

「」


産土様、大事ですよね。
離れているためなかなか行けませんが・・・


「神様ネットワーク」


たはらさま、

コメントありがとうございます。

産土の神様は、離れている方が多いですね。
私も遠くに引越してきてしまいました。

ですが、最近こちらでの龍神様と繋がりご挨拶をしてきました。

産土様の神社やお寺と雰囲気が良く似ていてビックリ♪

きっと神様ネットワークで連絡が届いたのかも・・
有難い事です。感謝☆

着物のサイト、素敵ですe-69


「承認待ちコメント」


このコメントは管理者の承認待ちです

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。