プロフィール

Kia

Author:Kia
ライトワーカー
ヒーラー
波動クリエーター
クリスタル・マスター
IFA認定アロマセラピスト
ローフーディスト

body,mind,spiritの統合を大切に、ホリスティックなアプローチを実践しています。

本来の力を発揮するため、森に移住してきました。これから自然エネルギーを使って、皆様のお役に立ちたいと願っております☆


HP本館

森の中へ・・








精神世界ランキング

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ご訪問ありがとう♪

スリッパどうぞ♪

現在の閲覧者数:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産土の神様

以前から興味はあったけれど、中々勉強する機会に恵まれなかった事の一つに「古神道」がありました。先日やっとチャンスが巡ってきて、初めてセミナーを受講してきました。これもシャスタで受けたメッセージの流れの中の一つです。

今までさまざまな宗教に触れてきましたが、神道にご縁があったのは巫女のバイトをしていた4年間。でも結婚式オンリーの「なんちゃって」巫女だった為、神道の本髄に触れる事はほとんど無し。事実上初めて勉強する宗教です。

その先生から、「是非近い内に産土の神様にご挨拶に行ってくると良いですよ!」とのアドバイスを受け、早速調べて頂き、どの神社なのか調べ、今日参拝して参りました。産土の神様とは、その人が生まれた地区を管轄している神社を指します。守護霊として付いてくださっている神様です。

生まれてからずっと育った思い出深い土地を訪れるのは、何と26年振り!不安と期待の入り混じった複雑な心境で駅を降りました。

まずは最有力候補の神社へご挨拶。比較的住んでいた所から近くではありましたが、初めて来たと思われる場所でした。こじんまりした小さな神社で、特に何も感じませんでしたが、一生懸命お祈りしてその地を後にしました。

その後はノスタルジック・タイムに突入・・

以前住んでいた地域は高級住宅地になっており、豪邸ばかりが建ち並んでいます。私が住んでいた場所は元大家さんだった方が3世代同居くらいの大豪邸を建てて住んでいらっしゃる様でした。当時を思い出させる石灯籠が一つだけ残っており、感傷に耽ってしまいました。

その地域は万葉集の舞台になった所で、神社やお寺が多い所です。

つぎはし


ここも思い出の場所の一つ。毎日自転車で走り回っていた所です。

手古奈霊堂


手古奈姫という美女を祀ったお寺で、ここの境内は一番の思い出の場所です。紙芝居のおじさんが来るのもここ(年がバレる?!)、自転車の補助輪を取る為の練習をしたのもここ、お祭や盆踊りの記憶もここ、かくれんぼや追いかけっこ、鬼ごっこをしたのもここ、秘密基地があったのもここ。私の小学生時代の思い出が凝縮された何とも言えない地です。

そしてここから「山」を上り、頂上にあるお寺・神社・通っていた幼稚園へと向かいました。

来る前から「もしかしたら、私の産土神様は・・」と予想していたお堂に到着しました。毎年除夜の鐘や初詣に訪れていた場所です。到着してみて判りました!

やはり、ここが私の産土の神様だ!

先程訪れた第一候補の神社の時とは、明らかに違うものを感じました。私の視界がハッキリ・クッキリとしたのを感じ、「ここですよ~♪」と囁かれているのも感じました。「絶対にここだ!間違いない・・」

産土の神様


帰宅してパソコンでデータを見てビックリ!!!何と大きな玉響さんと小さな玉響さんがいらっしゃるではありませんかぁ~!!!確信しました。私が呼ばれたのはここの神様です。でも先程の最初の神様に産土神様としてのご挨拶を済ませてきたので、あちらの神様と一緒に私の産土神様としてのお願いをしてきました。これで良かったのかな~・・

同じ敷地内に龍神様を祀る小さなお堂があり、来る前から私はそこが気になって仕方がありませんでした。久し振りに来て気が付いた事ですが、このお堂の前には小さな池があり、幼稚園の時毎年春になるとおたまじゃくしの卵が沢山産卵されている場所でした。ところてんの様な卵を男の子達がニュルニュル持ち上げていたのを思い出します。そこが龍神池だったのです。今日行ってみたら、池は枯れ、水はありませんでした。お堂でお祈りをしていたら、ふと鞍馬山で感じた様な気配を感じ、右側にある背の高い木に目が行きました。そこにはいくつか蔓が巻き付いて、まるで龍が木を昇っている様に見えます。思わず「龍!」と叫んでいた私は、身体の底から涙が溢れてきて止まらずその場で号泣してしまいました。言葉で言い表すのは難しいのですが、思いが溢れてきたのです。感謝と歓喜の思いです

そして只ならぬ雰囲気を感じて、お許しを頂いてから写真を撮ると・・

白龍様


やはりいらっしゃいました!!!強いスピリチュアル・ライトと玉響さん達。素晴らしいです!精霊がようこそ♪と受け入れてくれました。またまた涙が止まらず、下山する間もずっと嬉し泣きをしていました。

いつもはお茶のペット・ボトルを持ち歩いているのですが、今日は何故かクリスタル・ガイザーが気になって珍しくミネラル・ウォーターを購入しました。枯れてしまっている龍神池を見て気付きました。「そうだ、今日お茶ではなくお水を購入したのは、このためだったのか・・」クリスタル・ガイザーはシャスタの湧き水。シャスタで頂いてきた一杯のと湧き水を奉納して帰途に着きました。

商店街をぶらぶら歩きながら駅へと向かいましたが、26年経っているにも関わらず昔からの馴染みのお店がかなり残っていて、大変嬉しく思いました。故郷がまだちゃーんと残っています。

また時間を見つけてふらっと立ち寄りたいと思います。
今日の全ての出来事に感謝・・


人気blogランキングへ
スポンサーサイト

シャスタ旅行記1

ふ~っ・・・やっと旅行記を書く気持ちになってきました。
シャスタでは沢山のメッセージをもらってきたのですが、未来における仕事への姿勢について、宇宙からとても厳しい問いかけがありました。

帰国後すぐに、それを試される事件が起き、すっかり意気消沈しておりました。

サポートしてくれる周りの方々の温かいお気持ちで、今日やっと前向きな気持ちになる事が出来ました。いつも思いやりを持って見守ってくださるお友達に感謝!ありがとうございます。


さて、シャスタのお話。

すっかりお肉を食べなくなった私は今回機内食にアジアン・ヴィーガン食を選びました。前回頼んだ普通のヴィーガン食は私の大嫌いなピーマンがふんだんに入っていたので今回は別の種類に変更!アジアン・ヴィーガンは美味しくて、量も少なく日本人女性にピッタリ!なのでは?!小食な方、お勧めですよ♪私は非常に満足でした!

サンフランシスコ経由の便でレディング空港に到着。途中サンフランシスコがあまりに寒かったのでびっくりしたのですが、レディングに着いたら燦燦と輝く太陽に、ジリジリと肌を焦がす光線!北上して高度が上がったはずなのに、こちらの方が暑いってどういう事?!

SF-REDDING


サンフランシスコからレディングまではこの小さなプロペラ機に乗りました。1時間程の飛行だったのですが、エンジンの震動が凄かったです(笑)お尻がビリビリ・・・

眼下には荒涼とした風景がずっと続いていましたが、ミステリー・サークルをいくつか発見。何でここに?!と不思議に思いつつ、すぐにレディング空港に到着!プラーナ(空気中でちょこちょこ動いている小さな物体?エネルギー?)がすごい勢いでダンスをしています。こんなに元気で動く密度の濃いプラーナを見たのは初めて!ただならぬ所へ来たのを実感・・

そこからレンタカーで1時間程走り、マックラウドの町に到着。レンタカーを
借りる際に早くもシャスタ・マジックが起こりました。ガイドさんが予約していた車より大きな車が割り当てられ、荷物も余裕で入り、私達も快適なドライブを楽しめる事になったのです。今思えば買い物フリークが集まっている私達メンバーにはこの大きさの車が必要だったのかも・・(笑)神様からの第一弾プレゼントです。

ストーニー・ブルック・イン


ここが今回お世話になった大人気のB&B。日本人ご夫婦が経営している、とても手入れの行き届いた可愛いお宿。ハイ・シーズンや週末は予約を取るのが大変なんだそう。私達も3月に予約を入れました。

「こんにちわー!」と言いながら宿の中に入っても、初めてきた感じがしません。ロビーのソファで寛いでいても全く違和感が無く、横浜から2~3時間かけて長野のペンションに到着した様な感じです。その後2日間くらい、どうしても外国に来た感じがしなくて、周りの人に言われない限り日本で過ごしているんだと思い込んでいました。妙に溶け込んでリラックスしていました。セドナはエネルギーが強くて身体が辛かったのですが、ここは乾燥しているけれどしっくりきました。身体も楽です。
その夜はガイドの絵里さんが作ってくださったディナーを頂き、就寝。

そして次の日は憧れのパンサー・メドウズ。綺麗なお花畑に到着!天気も快晴。

パンサー・メドウズ2


大きな針葉樹がスっと真っ直ぐに天高く伸びています。シャスタはレムリア人だった人の再会の場所と言われており、身体が十数メートルあったといわれているレムリア人を象徴しているそうです。1本、1本がレムリア人・・と思って見ると、この美しい広場をレムリア人達が囲って守っている様に見えてきます。小さなお花が沢山咲いている可愛いお花畑に感激した私達ですが、以前はもっと沢山のお花が咲いていたそうです。あまりの荒廃に、ネイティブの方々と地域の方が話し合って、今年から源泉に行く道も通行禁止、かなりのトレイルが閉鎖されていました。人間が傷つけてしまったのですね・・・悲しい事実です。

水が流れている所で、各々が日本から持参してきたパワー・ストーンを浄化。私も一緒に連れてきたレムリアン・シードやペンデュラム、ワンド、ブレスレットなどをお水に浸して浄化してもらいました。レムリアン・シードにとってはここが故郷。故郷の歴史を刻み込んである私のレムちゃんは、とても喜んでいる様でほんのりピンク色に変化しました。連れて来て良かった!最近私自身が疲れていた為、石もピンク色になる事がほとんどなかったので、私も嬉しい♪

続きはまた・・


人気blogランキングへ

いろいろな所で、ただいま♪

長らく夏休みを頂き、パワー満タンで帰って参りました。

さて、今回訪れた場所について・・

北カリフォルニアのマウント・シャスタに滞在してきました。自然以外何もない所です。アウトドア好きにはもうたまらない場所!世界7大聖山の一つで、パワー・スポットでもあります。水のエネルギーに満ち溢れていて、何とも優しい空気に満たされています。写真を撮れば7色の光!木に触れれば赤や緑のハートのビジョン!love&lightに包まれたこの上なく幸せな1週間でした。やっと本来の自分を取り戻し、優しい気持ちになれました。

昨年セドナを訪れた時に、ヒーラーさんより「シャスタに呼ばれていますよ~♪」と言われ、今回の旅へと繋がりました。

シャスタは、沢山のプレゼントを用意して待っていてくれました。同行した仲間全員に♪一人一人に合った素晴らしいプレゼントです。シャスタ・マジックが沢山起こりました!

現地について一番最初に感じた事・・

「この違和感の無さは何なんだろう・・・・・」

いろいろな国を訪ねましたが、こんなにしっくりき過ぎて最初から溶け込んでしまった場所はありません。飛行機を乗り継いで10時間近く遠くに来たとは全く思えなかったのです。

次の日ヒーリングを受けて、その理由がはっきりしました。
そう、ここは初めて訪れた場所だけれど、初めてではなかったのです。

「ただいま~、シャスタ♪」

数万年前、レムリア時代、私はここでメディスンマンとして人々にヒーリングをしていたのです!私の中で全てが繋がりました。母親の元に戻ってきた様な安堵感です。

主人からのプレゼントとしてレムリアン・シードが私の手元に来たのも、やはり偶然ではなかったのです。

初めて来たのに違和感を感じないのは、ここが私の故郷の一つだったからです。今まで旅行して気に入った場所はここにそっくりな場所だらけ・・そう、私の魂はシャスタを求めて世界中を旅していたのです。遂に総まとめの場所にたどり着く事が出来ました。

パンサー・メドウズ


写真はパンサー・メドウズです。以前訪れた事のある方はお気づきかと思いますが、数年前まではもっと沢山のお花が咲いていたそうです。人間がトレイル以外の場所に踏み込む事で、ナイーブな自然が傷ついてしまいました。私が以前ヒーリングをしていた場所でもある様です。

今はまだ私の魂はシャスタの森を彷徨っています。レムリア時代に戻りたくて仕方ないのです。厳しい現実に直面する前に、もう少しだけ夢の中に留まっていたい・・あともうちょっと夢の中にいさせてください。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。